アンブッシュのウォーゲーム日記
私、アンブッシュの趣味の一つである、ウォーゲームの事について色々と書いていきます。
コマンドマガジン79号届く
さてさて、今日、コマンドマガジン79号が届いた。正直、モンゴル特集はあまり期待していない。とは言え、ベルリン市街戦のためだけに買ったのではちょっと高上がり。とりあえず、モンゴル物も見てみることにしようと思う。GMTのGBoHシリーズにも、モンゴル物があることだし。
まずは、成吉思征西記。チンギス・カンによるホラズム帝国への遠征がこのゲームのテーマ。そしてこのゲームには、ZOCの概念は無く、また戦闘フェイズと言う区切りも無い。あるのは、移動フェイズ中の戦闘、すなわちオーバーランだけだ。戦闘は全て、移動フェイズ中に行われるわけだ。ホラズム側は、篭城態勢と、野戦態勢の2つがあり、篭城態勢は移動できないが戦闘力は強く、野戦態勢は移動できるが戦闘力が落ちる。そして、モンゴル側は、野戦態勢の部隊に対して戦闘を仕掛けることが出来るが、篭城態勢の敵に対しては、戦闘を仕掛けなくても良く、そのヘクスに進入し、素通りしたり、そのヘクスにとどまることが出来ます。
ルールは簡単で、ちょっとしたプレイの合間にプレイできそうです。ただし、テーマが超マイナーなテーマだけに、プレイしてくれる方がいるかどうかが心配ですね。
もう一つの、テムジンの戦いはまだルールを読んでません。ベルリン市街戦もまだです。それより、次号付録ゲームが予定ながらスペインの新興ゲーム会社LudicのBlitz Warらしい。以前のバンダイの第2次世界大戦みたいにつぶれなければいいが、もし出るとしたらたいした物である。そして、以前にBlitz Warを買った人は泣きを見ることに。なんせ、i-OGMあたりで12600円で売っていたんだからねぇ~。

これと同時に、GJ21号も到着。3in1だったこの号、果たしてゲームの内容はいかほどのものか、これから検証していきたい。ただ、GJに関して言えば、以前の激闘!マンシュタイン軍集団とか、中央軍集団、東へのような本格的作戦級ゲームの作成もやってもらいたいですね。まあ、コマンドマガジンさんも今回は安易な3in1に走ったようですが・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 アンブッシュのウォーゲーム日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.