アンブッシュのゲーム日記
私、アンブッシュの趣味の一つである、ウォーゲームの事、さらには最近プレイしているネットゲームなどゲーム全般について色々と書いていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(CMJ)マーケットガーデン作戦を対戦
先日、友人のQ氏と(CMJ)マーケットガーデン作戦を対戦することとなった。このブログに作戦考察を出してから、初めての対戦である。もちろん、あの作戦考察を実行する絶好のチャンス。私は、今まで一度も勝っていない連合軍を担当。

まずは、空挺降下ターンの決定。引いたチットは5ターン・・・。どうも、私を含めたメンバーがプレイすると両極端になりやすい。これで2度目。

さて、注目の第1ターンのドイツ軍。ドイツ軍は、フランス国境を境に二重戦線を張る。初期配置の2個装甲師団は戦略移動でアントワープ近くに下げるが、私のように機動予備ではなく、歩兵師団にそれぞれスタックして後方戦線の強化に使っていた。
続く連合軍ターン。補給は当初の予定通り、イギリス軍に。機甲師団は海岸沿いに1個師団、中央に2個師団。歩兵師団はその支援に。攻撃は、相手を混乱させて後退させるも、除去に至らず厳しい立ち上がり。
アメリカ軍も当初の予定通り、中央やや南よりを進撃。こちらの攻撃は非補給状態にもかかわらず順調な滑り出し。

第2ターン。ドイツ軍はアントワープ周辺に陣を引く。その分、アメリカ軍側の戦線が薄くなっている。どうやら、アントワープ開放は最終ターン近くにも連れ込みそうだと判断。こちらの補給をアメリカ軍にシフト。当初の予定通り、増援と一部歩兵師団を除いてアメリカ軍は平野部を疾走。敵装甲師団はあいかわらずアントワープ近辺で歩兵師団とスタックしていたのでこちらの突進に対応できず。

第3ターン。アメリカ軍の進撃速度を恐れて、徐々に部隊がシフトしてくる。ただ、幸いなことにドイツ軍の無作為増援はこのターンまで全て歩兵師団。歩兵師団は全部で3個しかないのに序盤の大切なターンで歩兵師団しか引かないとは、どうやら運が味方しているようだ。今のところ損害はEXで除去されたアメリカ軍歩兵1個師団のみ。
若干手薄になったアントワープ周辺を掃討すべく、このターンは補給をイギリス軍にシフト。スヘルデ河口の要塞群に無傷のイギリス軍が襲い掛かる。このターンで、要塞3つのうち2つを占領。対岸への渡河ポイントも押さえる。

第4ターン。ドイツ軍はアントワープ前面に陣を引く。無作為増援についに装甲師団が登場し、アメリカ軍方面に移動してくる。
連合軍ターン、補給は相変わらずイギリス軍。このターンにアントワープを落としたいところだが、このターンの攻撃で米英両軍からそれぞれ1個歩兵師団が除去される。これで損害ポイントは4ポイント。ドイツ軍装甲師団を除去しない限り、残り2ポイントでVPが1ポイント差し引かれる。マズイ!
とりあえず、スヘルデ河口の渡河には成功し、アントワープも奪取。第5ターンにはアントワープ開港の予定。

そして、運命の第5ターン。ここまで来て、空挺降下が無いのだからこのターンと言うのは承知のドイツ軍。歩兵師団を前面に、その後方に装甲師団を配置しての二重戦線。もちろん、装甲師団はこちらの機甲師団の戦略移動を阻止するための配置。こいつは、ライン河渡河は無理か、と思ったら、一箇所だけ穴があった。僅か1ヘクスの穴だが、突破には十分!
そして、連合軍ターン。補給はアメリカ軍。装甲教導師団と、第7SS装甲師団が押さえる地域に1ヘクス幅の回廊がある。そこを塞いでいるのは2戦力の歩兵師団。そこにアメリカ軍の全機甲師団を集中する。戦力比最大で自動的に除去。機甲突破で2個師団が穴に飛び込み、さらに2個師団は装甲教導師団に張り付く。そして、空挺降下。ロアモンドの北、ジークフリード線の切れ目のマース河、そしてライン川にパラシュートが開く。そしてターンオーバー。

第6ターン。すでに先のターンでアントワープを開港しているので、補給状態は問題なし。先の穴から3個機甲師団が戦略移動でライン河を渡河、ルール地方になだれ込む。さらに、2個機甲師団と、南から上がってきた歩兵師団が第7SS装甲師団を包囲殲滅。アントワープ近郊でもイギリス軍が第17SS装甲擲弾兵師団を包囲殲滅。これで都合6損害ポイント。
そして、続くドイツ軍ターンに空挺師団が全て除去されてしまうものの、最終的には2VPを獲得して連合軍の勝利となりました。

ゲーム終了時。


ゲーム終了時の南方戦線。


ゲーム終了時のアントワープ周辺


今回は、ドイツ軍が積極的な反撃を行わなかったこと、第3ターンまでの増援が全て歩兵師団だったことが今回の勝因だったと思います。装甲師団による反撃があった場合、果たしてどうなるのか、と言うよりこのゲームに慣れた者同士が対戦した場合、果たして私の作戦が通用するのか、非常に興味にあるところです。
スポンサーサイト
Tide of Iron ・・・到着
以前、おそらく購入することはないだろう、などと言っていたTide of Ironですが、実は・・・・値段につられて買っちゃいました。

前に、このブログでこのゲームの値段が高すぎると言い、アマゾンでなら安いですよ~、なんて言った記憶があるんですが、まあ、この値段なら多少待ってもいいかな、と思い注文を入れていたんです。
注文を入れたのが6月23日。一応発送予定が7月15日以降と言うことだったんで待つことにしました。
ところが7月15日、アマゾンから発送延期のメールが。商品がまだ入荷せず、次回入荷は8月1日から30日の間と言うことだったんで、これは下手すりゃ入荷は秋口かな?などと思っていました。

 その頃、アマゾンで値段を確認したらなんと!私が注文した頃よりも6000円もアップして14567円に!これは注文しておいてラッキーだったかなと思い、待つことに。

 そして、8月10日。アマゾンからいきなり発送したとのメールが。うぉ!こいつは思ったより早めに手に入ると思ったら、昨日、無事到着。

一応、ネットなどで箱の大きさを確認していたがこれほど大きいとは思わなかった!バトルロアもそれなりに大きかったが、こいつはその倍くらい大きい!付属のフィギュアも中々いい出来だし、ルールの翻訳はそれなりに大変だが、ゲームプレイの例がイラスト付きで随所にあるので翻訳は絶対に不可能と言うほどではなさそうだ。今のところ、ゲームの内容物についての説明のところを翻訳中だが、英和辞典を首っ引きで何とかなりそうな気配。ただ、本格的なゲームルールとなると、翻訳にはかなり時間を要すると思われる。

果たして、プレイする所まで漕ぎ着けるのかどうかはわからないが、何とか飽きが来ないうちと言うか、諦めにならないうちに勢いにまかせて翻訳したい。

(CMJ)マーケットガーデン作戦の作戦考察 その2
さて、いささか間が空いてしまいましたが、マーケットガーデン作戦の作戦考察を続けて行きたい。

・連合軍の作戦
連合軍の場合、空挺降下の実施時期でその行動が大きく変わります。空挺降下の実施時期は大きく分けて、2・3ターン目の序盤、4・5ターンの後半となります。
序盤の場合、空挺作戦は戦術的な色合いが強くなります。すなわち、ドイツ軍戦線後方に降下して、ZOCで包囲して逃げ場を奪い、前線の攻撃で一気に包囲殲滅して前線突破を図る、と言うものです。
後半の場合は、戦略的な意味合い、すなわちライン河渡河の支援です。もっとも、序盤でも、スヘルデ河口の守備が手薄な場合、河口を直接占拠する為に空挺降下させる場合もありますが。

次に、連合軍の侵攻方向に関して。
連合軍の進撃方向


イギリス軍の主要目的は、アントワープの開港と言うことになります。スヘルデ河口を制圧するためには歩兵が不可欠であり、機甲師団で障害となる敵歩兵を排除しつつ、すばやく河口地帯に歩兵を送り込む必要があります。

アメリカ軍の主要目的はライン河渡河です。アメリカ軍の位置ならば、ジークフリード線を越えて、ドイツ国内に侵攻できそうな感じですが、はっきり言ってこれは罠です。荒地+要塞の組み合わせは、アメリカ軍の持つ機動力のみならず、攻撃力さえも奪ってしまいます。ドイツ軍歩兵のスタックが要塞へクスにいれば、それを攻め落とすのにかなりの兵力を必要とします。そこに兵力をつぎ込めば、他の所の突破力が減少するわけで、最終ターンまでにライン河渡河が行える可能性が低くなります。
そこで、アメリカ軍主力の侵攻方向は、荒地を掠めるように平野部を突進していきます。もちろん、ジークフリード線方向にも兵力は派遣しますが、あくまでも主力の補助程度です。ただし、防備が甘いと判断したら、主力の一部(歩兵師団のみ。機甲師団は絶対に派遣しない)を派遣して、要塞線突破を試みるのもいいでしょう。

ドイツ軍の動きは決して見逃さないように。必ず、装甲師団のいない地域に穴が出来ます。特に、空挺降下の実施されるターンはその穴を見つけて、そこの戦力を集中できれば、ライン河渡河は十分可能になるでしょう。
(CMJ)マーケットガーデン作戦の作戦考察
最近、サークルの例会などでもプレイされることの多い、(CMJ)ドイツ装甲軍団。今回はまず、マーケットガーデン作戦について色々と考えて行きたいと思います。

まず、コマンド編集部の方から、連合軍有利との情報を得ていたのですが、過去3回の対戦では共にドイツ軍の勝利でした。私の場合、2回をドイツ軍、1回を連合軍での対戦でした。しかし、他の方のブログなどを拝見していると結構、連合軍勝利が多い。さて、この違いはどこから来ているものなのだろうか?まずは、両軍のとるべき作戦行動について考えてみたい。

・ドイツ軍の作戦。
まずドイツ軍は、積極的な攻勢は取れません。とは言え、一方的な防戦に回ってもこれまた勝てないことは明白です。まずは基本的には、連合軍によるアントワープの占領を少しでも遅らせることです。少なくとも、第4ターンまで、出来れば第5ターンまで遅らせることが出来ればドイツ軍の勝利は見えてきます。
装甲師団は、スタックさせて戦線後方に機動予備とし、機甲突破などで突出してくる機甲師団を叩くか、非補給状態の陣営を叩くようにします。
歩兵師団は、基本的にはスタックさせません。ただでさえ、ユニット数が少ない上にスタックさせれば、戦線そのものを形成できません。このゲームにはオーバーランのルールが存在しないので、わずか1戦力の歩兵師団でも十分足止めできます。スタックさせずに、二重に戦線を構築することにより、空挺師団の降下を迷わせることが出来ますし、歩兵師団のZOCをすり抜けてくる機甲師団に対しては、周りの歩兵師団と、後方の装甲師団でタコ殴りで除去が可能です。

第1ターン終了時のドイツ軍の布陣


この画像は、第1ターン終了時のドイツ軍の布陣です。ここで重要なのは、非補給の陣営が攻撃できない距離に布陣する、と言うことです。少し下がりすぎでは、と思う方もいらっしゃるでしょうが、第1ターンに戦力を温存できると言うことは、残りのターンで遅滞戦術を実行しても戦線を維持できると言うことにつながります。
結果としてドイツ軍は、最初の2ターンにどれだけ戦線を張れるか、そしてアントワープをどれだけ保持していられるかにかかっています。

連合軍の作戦については、次回に。
copyright © 2005 アンブッシュのゲーム日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。