FC2ブログ

アンブッシュのウォーゲーム日記

私、アンブッシュの趣味の一つである、ウォーゲームの事について色々と書いていきます。

大鎌戦役初対戦

え~、本日、これも毎年恒例になりつつある、戦友Q氏とのGW対戦。お題は昨年末に購入して、ずっと押入れに
入っていたScythe大鎌戦役。年始対戦のときに購入した事を話したら、ぜひ対戦したいとのことだったので、
本日対戦と相成りました。

お互い、ルールは読んだものの、今一理解しきれないまま、いよいよ対戦。

まず、一戦目はQ氏ポーラニア共和国でプレイヤーシートが産業主義、対する私は北方王国&工学主義。
双方ともに、初めてのプレイなだけあって、まずは領地拡大を念頭にプレイ。キャラクターによる遭遇などで資源
を獲得しつつファクトリの接触とメックの展開を目指していたが、先にファクトリーに到達したのはポーラニア。
こちらもキャラクターを動かしていたが一歩及ばず。その後、相手はキャラクターを動かして遭遇カードを引きま
くりつつゲームを進めるが、こちらは改良を推し進めて、メックの展開を速め、建築を加速させると、資源の集ま
りが多くなり、ファクトリー無しでも徐々に相手に追いついていく。最終的にこちらが先に星6つを揃え、頻差で
勝利。対戦時間は約2時間。

昼食をはさんで第2戦目。Q氏はクリミア・ハン国&工学主義、こちらはラスヴィエト連邦&愛国主義。
こちらは第1戦目である程度の感触をつかんでいたのでそれを実行に移す。幸いだったのが、愛国主義は、
展開アクションが改良を加えれば最終的に鉄1でメックが展開できるようになるので、徹底的に改良アク
ションを行い、早いうちにメック4体の展開に成功、さらに遭遇カードで労働者の展開も速く出来るように
なったので資源の蓄積もほんとに早い。ファクトリーはまたしても相手が先に到着したものの、今回はメック
で戦闘を仕掛け(これが今日初の戦闘)、何とか相手を撃退、ファクトリー奪取に成功する。以後、徴兵や
目的カードの達成によりまた星6つを揃え、勝利。

このゲーム、最初は難しく感じるかもしれませんが、実際プレイしてみると以外に簡単であり、さらにどういった
作戦方針で行くかを考えらされるゲームです。戦闘が必ずしも勝利に直結するゲームではありません。
ゲーマーならぜひ一度はプレイしてほしいゲームだと思います。
スポンサーサイト



  1. 2019/05/03(金) 16:19:07|
  2. 対面対戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

毎年恒例の対面対戦

皆さん、明けましておめでとうございます。そして、お久しぶりです。凡そ一年ぶりの更新となります。
ここ一年は、ゲームを買ってばかりでろくに対戦をしていませんでした。外に出ないなら、VASSALでも
とも思うのですが、23時前には寝てしまうため、ネット対戦もまた面倒になってしまってます。

そんな状態でしたが、今日は久しぶりに市内の戦友、Q氏と毎年恒例の年始対戦と相成りました。
対戦ゲームはCMJのノルマンディの切り札。手軽にできるノルマンディ戦と言う事で、ルールをコピー
してもらい(残念ながら、所有してなかった・・・)、計3回の対戦となりました。

まずは一戦目。担当は連合軍。カードドリブン+ドミニオン系のカードをイベントで購入、デッキに組み込んで
いくと言うもので、最初は勝手がつかめず、第4ターンにバイユーのみ占領、カランタンが占領できずにサドン
デス負け。

で、第2戦。納得いかずに再び連合軍。とりあえず、バイユー、カランタンは占領できたものの、カーン、
サン・ロー占領に梃子摺り、第5ターンで再びサドンデス負け。

第3戦。ここまで来るともう意地、と言う感じでまたもや連合軍。今までの負けを振り返って、最初のコスト2
のカードの選択、その後の購入カードの選択が不味かったと反省し、慎重にカードを選択。
今回のコスト2カードは「ブラッドレー」を選択。
上陸ターンは、まず空挺降下は82空挺が北にずれるもほぼ予定地点に。ドイツ軍の海岸防御拠点は
ユタ海岸に0-2-0が来るもののオマハ1とゴールドが無しと言う結果(結局、3戦とも血のオマハにはならな
かった)。
第1ターン、ゴールドの部隊が急襲し、バイユーを占拠。
第2ターン、交通妨害でドイツ軍の足を封じた後、ユタから上陸した部隊がカランタンを強襲、占領に成功。
さらに、カードにブラッドレーが来たので、「パットン」を購入。今まで「絨毯爆撃」を購入していたが、序盤には
不要と判断。ダイス修正のつく「パットン」とした。
第3ターン、早速購入したパットン来たのでターンのラストで使用。この時、カランタンには1個機甲師団+3個
歩兵師団がいたのでサン・ローを強襲。占領に成功する。
第4ターンにはクータンスを占領、シェルブール方面の連絡線の遮断に成功、サン・ローの部隊は南下を開始。
第5ターンはカード運に恵まれず、攻勢は行えず、戦線を整理し、カーン攻略準備を整える。
第6ターン、カーン攻防戦。第21装甲師団+第12SS装甲師団の守るカーンに2個機甲師団を含む6個師団を
投入、3度にわたる攻防の末にカーン西側を占領。
しかし、ここまででした。第7ターン、南方の大都市を占拠にいたらずまたもやサドンデス負け。

うーん、くやしい。が、面白いゲームである。今度はドイツ軍を担当してやってみて、色々と研究したい。
  1. 2019/01/03(木) 17:50:03|
  2. 対面対戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

江戸幕府の黄昏を対面対戦

今日は、以前予告したとおり、対面対戦の日。GJ56号付録ゲーム、江戸幕府の黄昏を対面対戦してきました。相手は15年以上の付き合いのあるQ氏。去年までちょいと対面対戦から遠ざかっていたのだが、今年は私自身、対戦意欲が沸いてきているので今年はもう何戦か行う予定だ。

さてこのゲーム、GMTのTwilight Strugglのシステムを流用したゲームなのだが、幕末当時の状況をうまく再現していると言える。ゲームシステムは以外に簡単なんで、慣れれば1プレイ2時間前後でプレイ可能だ。ちなみに私も今日は2戦してきた。

まずは1戦目、私が倒幕側、Q氏が左幕側だ。まずはこちらは本誌の戦略通り、薩摩、土佐を押さえる。が、いきなりの四カ国艦隊のイベントでこちらの影響力が一気に吹き飛ぶ。それでも、山内容堂をこちらに引っ張り込み、土佐を再び確保。京では、桂小五郎と浪士組が登場し京をほぼ手中に。井伊大老が登場する前に開国となり、VPも10点を超えていたので開国ターン早々に回ってきた錦の御旗を早々にプレイして(早いうちに朝廷工作レベルは4になっていた)、まずは勝利。

昼食を挟んで第2戦。今度は陣営を入れ替えてこちらが左幕側。薩会同盟のイベントで薩摩を左幕側に取り込むも、吉田東洋暗殺で武市半平太が登場し、土佐が倒幕側に。さらに悪いことに寺田屋騒動のおかげで薩摩藩の影響力が吹き飛び、その後の展開で薩摩もまた倒幕に。
長州、土佐、薩摩がそろい踏みで西の方に手を出し辛くなったため(九州は完全に叩き出された(^^;)、中部以東を固めつつ、土佐方向を叩くことに。
しかし、開国してからのターンは、開国カードのなんとたちの悪い事!朝廷工作もうまく行かず、結局最終ターンまでけりが付かず、地域の勝利ポイントで負けました。

いや~しかし、このゲームは面白い。うん、VASSALのモジュールを作ろうかなぁ~。
  1. 2015/09/13(日) 17:12:52|
  2. 対面対戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一年ぶりの対面大戦

いや~、実にまた一年ぶりです。昨年はかみさんの都合に引っ張りまわされ、日曜もろくに自分の時間も取れず、気がつけば昨年1月から丸々一年ゲームから遠ざかっていると言う始末。しかも、この間中、対面対戦はおろか、VASSALなどのオンライン対戦すらしていない。コマンドマガジンも買っていないと言うまさに脱ゲーム状態。
このまま、ゲームから離れるかな~、と思っていたら一年ぶりに友人からの対戦のお誘い。昨年1月から連絡を入れてなかったんで、連絡しづらい状況でしたが、かみさんから許可を得て本日、漸く対戦。

対戦ゲームは、(GMT)Commands&Colors Ancients。他にも色々と対戦したいゲームがあったのだが、まずルールを大半忘れていると言う事もあり、過去に何度か対戦し、ルールもおぼろげながら覚えているゲームと言う事でこれに決定。まあ、ルールを覚えていると言う点では、まだASLの方が覚えているのだが、復帰戦にはいささかヘビーである。

対戦したシナリオはカンネー。最初は私がカルタゴ軍、Q氏がローマ軍を担当。久しぶりの対戦と言う事もあり、最初は流れをつかめず、ローマ軍の中装・重装歩兵軍との消耗戦に巻き込まれあえなく敗退。この時はまだ、ルールを完全に思い出しておらず、軽装歩兵の戦闘前の離脱などを忘れていたため、重装歩兵とタメでやりあった(ダイス5個+指揮官相手に無謀な・・・)ため、あっという間にボロボロ。

続く2戦目。納得いかない戦いだったので再びカルタゴ軍担当。軽装歩兵の射撃でローマ軍中央の重歩兵集団を牽制しつつ、左翼の騎兵部隊と重装歩兵軍を徐々に前線に。そして、Double Time(早足)で一気に重装歩兵と戦士が戦線側面に回りこみ敵右翼を叩き潰す!更に浮き足立ったところで騎兵突撃で左右両翼に騎兵を叩き付けて何とか勝利。

時間があったので陣営を入れ替えて第3戦目。こちらは、中央の重装・中装歩兵が打撃の要なんで、これらを前線に押し上げつつ、左右両翼に騎兵を回りこませないように軽装歩兵を両翼に展開。鶴翼の陣形の如く両翼を押し上げ、射撃を加える。途中、カルタゴ軍の騎兵と戦士による突撃で右翼が崩壊寸前まで追い込まれるも、指揮官がいたおかげで外人部隊が何とか戦線を支えると、戦列命令で中央の歩兵軍が遂に戦端を開き、射撃戦で消耗していたカルタゴ軍の重装歩兵を粉砕、勝利を収める。

いやぁ、やっぱりウォーゲームはいいねぇ。特に対面対戦は久しぶりだったんで今回の対戦で又やる気がでてきました。次回は何時になるかは未定だが、日露大戦とかASLの対戦を考えている。できれば、アルンヘム強襲とかサンダーアットカッシーノもやってみたいが、最近、ルールが覚え切れなかったり、理解し切れなかったりしている。年なのかなぁ・・・・
  1. 2013/01/13(日) 18:14:15|
  2. 対面対戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Commands and Colors Ancientsを初プレイ

ついにと言うか、ようやくと言うか、Commands and Colors Ancientsをプレイしました。対戦相手は定期的に対面対戦をしているQ氏。元々古代戦に興味のあった方なんで前回のCaesar(AH)に続き、快諾してくれました。
シナリオはZamaの戦いをチョイス。私がローマ軍を担当しました。序盤は、軽装歩兵同士の射撃戦でしたが、敵左翼(こっちから見ると右翼)の軽装騎兵が突っ込んできた所を外人部隊と同じく軽装騎兵が包囲、殲滅した所でこちらが右翼を押し出し、戦線が動きます。そうこうしているうちに今度はカルタゴ軍が戦象部隊を前線に投入。軽装歩兵を蹴散らし、スピキオ(指揮官ユニット)のいる中装歩兵部隊に肉薄!しかし、戦象部隊とは言え、指揮官のいる部隊に戦闘を仕掛けるのは無謀ともいえたようで、反撃であっさり除去。しかし、戦象部隊もやはり只者ではない。第2波はこちらに1損害を与えたが、撤退旗2つで退却と言うことになったが暴走でさらに中装歩兵にダメージを与え、残り1ブロックとなった軽装歩兵を踏み潰して殲滅し、退却と言うとんでもない結果に。ただし、味方であるカルタゴ軍の軽装歩兵も1ブロック踏み潰して言ったが(^^;
その後、指揮官につれられた左翼の中装騎兵部隊が敵右翼を圧倒して、敵中央を包み込むように突撃、中央戦線の崩壊を持ってローマ軍が勝利しました。
ここまでの対戦時間が大凡、1時間半。まだ時間があったので陣営を入れ替えてもう1戦。
まずこちらは、中央の軽装歩兵を動かして相手の牽制と、射撃で相手を削ることに。戦象部隊突入のお膳立てをしたわけ。それに対してローマ軍も軽装歩兵を押し立てて射撃戦を展開。一進一退の攻防が繰り広げられる中、ローマ軍右翼の軽装騎兵部隊が突撃を敢行。これに対して、こちらも軽装騎兵で対抗。しかし、指揮官の存在を忘れていたせいで相手の反撃で1個部隊が瞬殺(^^;
ようやく、戦象部隊が動き出し、中央に陣取る軽装歩兵、中装歩兵を踏み潰すが、早足カードで重装歩兵+指揮官が颯爽と登場し、戦象部隊をまさに瞬殺していく。この重装歩兵+指揮官はその後ローマ軍左翼に移行し、こちらの右翼の戦士部隊を潰し、中装騎兵を潰し、こちらの右翼はほぼ壊滅状態に。最後は、こちらの左翼の弱った外人部隊に止めを刺されて終了。
とは言え、こちらも6部隊を殲滅し、勝利まで残り2個だったのでいい勝負だったと思います。2回目の対戦は対戦時間はさらに縮まり1時間。日本語カードを作成すれば、その対戦時間はさらに縮まる物と思われる。

いやはや、このゲームといい、バトルロアといい、面白いゲームです。C&Cは現在3つのエキスパンションが出ているわけですが、これはどれも楽しみですね。ぜひ、全エキスパンションをそろえて行きたいです。
  1. 2008/02/03(日) 07:24:57|
  2. 対面対戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

アンブッシュ

Author:アンブッシュ
高校の頃に、週刊少年マ○ジンの懸賞で、このホビーの存在を知る。以後、30年近く経つが、その半分をソロプレイで過ごし、ここ数年でようやく対面対戦の環境が整う。
好きなジャンルは、WW2。特に西部戦線のノルマンディ戦を好む。一応、古代戦から、SF・アニメに至るまで、そして戦略級から戦術・戦闘級まで何でもこなすマルチゲームプレイヤー。

好きなゲームはGJ62号諸国民の戦い、(AH)The Longest Day、(AH)The Russian Campaign、(SA)クルスク大戦車戦など。
現在、対面対戦のほかに、VASSALというソフトを使ってのオンライン対戦を行っていて、さらにはそのソフトのモジュール作成も行っている。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

google

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ホームページ登録ドットコム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

本日のお買い得