アンブッシュのウォーゲーム日記
私、アンブッシュの趣味の一つである、ウォーゲームの事について色々と書いていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近購入したゲーム
さて、今回はここ二ヶ月ばかりの間に購入したゲームについてお話したい。4月までは、仕事があまりなくて、経済的なものから購入を控えていましたが、5月以降、大きな仕事に就いたので経済的に余裕ができ、久しぶりにゲームを購入。

で、何を買ったかというと・・・・

・コマンドマガジン134号”バトル・フォー・ロシア”

久しぶりにコマンドマガジンを購入。付録ゲームはバルバロッサ作戦を題材にしたゲーム。システム的にはバトル・フォー・ジャーマニーのシステムを利用しており、結構面白そうである。

・(GMT) June 6

言わずと知れた、リチャード・バーグデザインのノルマンディキャンペーン。以前所有していたのだが、都合により手放した代物。今回、安値で出品されていたんで速攻で落札。

・CMJ CTCシリーズ ”Tanks+”

コマンドマガジン タクティカルコンバットシリーズの最新作?東部戦線、西部戦線ともに対戦できるとあってちと購入。

とりあえず、これに後一つくらい今月は購入予定。何を買うか、と言うか買えるかはヤフオク次第だろう。
スポンサーサイト
The Dark Valleyと独ソ戦キャンペーン
昨日、気になるゲームとしてThe Dark Valleyを挙げましたが、独ソ戦キャンペーンのゲーム、それなりにありました。それはと言うと・・・

(AH) The Russiann Campaign (所謂、TRC)
(CMJ33号) The Russian Campaign 2
(CMJ87号)バルバロッサ
(WWS1)No Retreat!
(6A)War for the Motherland
(GMT) The Dark Valley

とまあ、そこそこ揃っていたりする。以前はこれに(AH)ロシア戦線や、(EP)失われた勝利もあったんだけど、現在は手放している。他に、(GMT)Stalin's Warの購入も考えていたんだけれど、現在は保留している。

中でも思い入れがあるのはやはり、TRCだろう。ウォーゲーム歴の比較的初期にプレイしていただけに、通信対戦(EメールやVASSALだけでなく、マジな郵便対戦まで)から対面対戦までかなりプレイしてます。ゲームは現在も残っていますが、はっきり言って、箱はもはや形をとどめていません。マップも一部破れかけ、ユニットも特にソ連軍ユニットはかなり色褪せています。いろいろと裏技があると言われていたこのゲームですが、結構面白かったですね。
最近購入した物と、気になるモノ
昨年末あたりから、再びゲームの虫が疼きだし、いくつかヤフオクなどで購入してました。で、ここ半年で買ったものが下記のもの。

・(GMT) Manoeuvre
・(GMT) The Dark Valley
・(E.P.B)J.U.M.P. into the Unknown(和訳あり)

ちょっと、キワモノなゲームもあるが、Manoeuvreあたりは元から欲しかったものなんでラッキーといえばラッキーかも。
で、最近気になっているのがThe Dark Valley。元々、独ソ戦キャンペーンはノルマンディ戦と同じくらい好きなテーマだったんで、ぜひプレイしてみたいなと。友人のQ氏も乗り気なのだが、フルマップ2枚にユニット数840は一日でどの程度プレイできるかちょっと考える。まあ、最初はVASSALのモジュールもあるんでそれを利用してソロプレイでもしてみようかと思ってます。
ドイツ装甲師団長2をソロプレイ
皆さん、明けましておめでとうございます。昨年はほとんど、このブログは更新されませんでしたが、今年はなんとかせめて週1位は更新したいところで。

さて、予てより作成中だったGJの付録ゲームドイツ装甲師団長2のVASSALモジュールが、ほぼ完成(ヴァリアントの歩兵師団長に関しては、補充表がなかったり、ルールに若干の疑問があるためモジュールへの登録は延期)。

で、モジュールに不具合がないか点検を兼ねて、ソロプレイを実行することにした。実は、12日(日)に友人と、ドイツ装甲師団長2を対面対戦することが決定していたので、ルールの確認も兼ねているわけで。

まずは戦場の確認。
マップの使用範囲はMAP②と③に決定。方位決定で、北の方角は盤端Y。
pdk-map23x_s.jpg

いよいよ、両軍の初期戦力の決定。まずはドイツ軍から
Ⅳ号戦車D型×1
Ⅳ号戦車H型×6
Ⅴ号戦車×3
Ⅵ号戦車Ⅱ型×1
Ⅲ号突撃砲×3
Ⅳ号駆逐戦車×1
ヴェスペ×1
105mm野砲×2
88mm対空砲×2
自動車化歩兵×6
機械化歩兵×6
重火器×3
偵察×6
戦闘団司令部×2
師団司令部
弾薬×3
戦術チット×3
装備チット×6

師団の内容としては、装甲戦力としてはほぼ平均的、砲兵も充実しまずは44年当時の平均的な装甲師団じゃないかと思う。弾薬が3あるんで、ヴェスペと野砲がそれぞれ2回砲撃できるのも大きい。

続いて、ソ連軍戦車軍団。
T34/76×8
T34/85×9
JSⅡ×2
SU85×4
SU100×1
SU122×1
SU152×1
76mm対戦車砲×2
122mm野砲×2
カチューシャ×1
82mm迫撃砲×2
120mm迫撃砲×2
自動車化歩兵×19
旅団司令部×2
軍団司令部
弾薬×6
戦術チット×2
装備チット×7

……どうやら、こっちに来たのは親衛戦車軍団のようで。122mm+カチューシャ計3ユニットに弾薬6ってどうよ?

次に任務。ドイツ軍は占領に阻止、ソ連軍は威力偵察に消耗。
ドイツ軍は、阻止に重点を置くべきかな?占領を達成するには、マップのほぼ中央に位置する河川近くの都市(3へクス分)の確保が絶対。ここを確保して都市へクス数はドイツ10:ソ連8になる。
対するソ連は威力偵察を念頭に置きつつ、場合によっては消耗にシフトというのもありかも。ただし、ドイツ軍が阻止を選択した場合は、消耗を阻止されると5VPが付くんで注意が必要。

戦術チットは、ドイツ軍が待ち伏せ、撃墜王、航空支援、ソ連軍はエリート部隊に奇襲。ここはドイツ軍が有利でしょう。ソ連軍が奇襲を使っても、撃墜王でイベントを無効化できるというのが大きい。

今回のプレイで激戦が予想されるのは。マップ中央の河川近くの都市周辺になりそう。このソロプレイで、砲兵の運用なんかもちと勉強してみたい。
ウォーゲーム日本史6号『箱館戦争』に刺激されて・・
いやはや、先のブログが2008年の12月だから、かれこれ1年半ぶりの更新ですか。まあ、ブログもさることながら、マストアタックというSNSがあったために同じ趣味の方と情報を交換するにはそちらのほうが楽だったんで、ちとこちらが疎かになってました。

で、1年半ぶりにこっちを復活させたわけは、これといった理由はないんですがきっかけはウォーゲーム日本史6号にあるわけで。

ウォーゲーム日本史6号 表紙

一応、幕末ファンの私としては今回の『箱館戦争』はちとはずせないテーマでありまして。まして、自分の生息(笑)する街の歴史ともなると興味しんしんです。あ、ちなみに、幕末ファンという以上、ウォーゲーム日本史1号はもちろん入手済みです(笑)。
ゲームシステムに関しては、簡単な説明を読むと、カードドリブンシステムですがゲーム進行がGJ21号の義経に近いような感覚がありますね。キャラクターの扱いも中々、強烈そうだし。

ゲームそのものはすでに予約済み。到着と同時にVASSALのモジュールも作成していきたい。
copyright © 2005 アンブッシュのウォーゲーム日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。