アンブッシュのゲーム日記
私、アンブッシュの趣味の一つである、ウォーゲームの事、さらには最近プレイしているネットゲームなどゲーム全般について色々と書いていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
江戸幕府の黄昏を対面対戦
今日は、以前予告したとおり、対面対戦の日。GJ56号付録ゲーム、江戸幕府の黄昏を対面対戦してきました。相手は15年以上の付き合いのあるQ氏。去年までちょいと対面対戦から遠ざかっていたのだが、今年は私自身、対戦意欲が沸いてきているので今年はもう何戦か行う予定だ。

さてこのゲーム、GMTのTwilight Strugglのシステムを流用したゲームなのだが、幕末当時の状況をうまく再現していると言える。ゲームシステムは以外に簡単なんで、慣れれば1プレイ2時間前後でプレイ可能だ。ちなみに私も今日は2戦してきた。

まずは1戦目、私が倒幕側、Q氏が左幕側だ。まずはこちらは本誌の戦略通り、薩摩、土佐を押さえる。が、いきなりの四カ国艦隊のイベントでこちらの影響力が一気に吹き飛ぶ。それでも、山内容堂をこちらに引っ張り込み、土佐を再び確保。京では、桂小五郎と浪士組が登場し京をほぼ手中に。井伊大老が登場する前に開国となり、VPも10点を超えていたので開国ターン早々に回ってきた錦の御旗を早々にプレイして(早いうちに朝廷工作レベルは4になっていた)、まずは勝利。

昼食を挟んで第2戦。今度は陣営を入れ替えてこちらが左幕側。薩会同盟のイベントで薩摩を左幕側に取り込むも、吉田東洋暗殺で武市半平太が登場し、土佐が倒幕側に。さらに悪いことに寺田屋騒動のおかげで薩摩藩の影響力が吹き飛び、その後の展開で薩摩もまた倒幕に。
長州、土佐、薩摩がそろい踏みで西の方に手を出し辛くなったため(九州は完全に叩き出された(^^;)、中部以東を固めつつ、土佐方向を叩くことに。
しかし、開国してからのターンは、開国カードのなんとたちの悪い事!朝廷工作もうまく行かず、結局最終ターンまでけりが付かず、地域の勝利ポイントで負けました。

いや~しかし、このゲームは面白い。うん、VASSALのモジュールを作ろうかなぁ~。
スポンサーサイト
VASSALモジュールの作成予定
え~、何とも一年半ぶりですかね。
ドイツ装甲師団長2のソロプレイに関しては、ちょっと延期、かな?

とりあえず、これからのVASSALモジュールの作成予定について。

・作成途中
GJ43 ドイツ装甲師団長2
ヴァリアントであるドイツ歩兵師団長のユニット登録と、初期戦力決定ダイスの実装を行って完成という所か。

GJ52 信玄上洛
こちらの方は、マップ、ユニットはスキャン済み。モジュールにはマップのみ登録。

CMJ71 フィールドマーシャル
今まで失敗していたヘクスグリッドの設定はマップを再スキャンし登録しなおすことで解決。ユニットも登録済みで後はダイス振りなどの基本ギミックのみと言うところ。

・作成予定

GJ別冊 大東亜戦争
現在、ルールを読解中。まずはルールを理解しないと必要なギミックが見えてこないんで。マップとユニット、カードは近いうちにスキャン予定。

GJ56 江戸幕府の黄昏
近日中に対面対戦を予定している本作。もちろん、モジュール化を検討中。ただ、カードの交換を行ってからになるが。

CMJ48 Decision in France
これは、前々からモジュール化したいと思っていた一品。現在、ルールを読解中。

とりあえず、少しずつ作成していく予定。なお、現在これ作ってるよ~と言う方は、ここにコメントか又はマストアタックのVASSALコミュによろしく。

さて、いよいよHPの方も復活させねば・・・・
ドイツ装甲師団長2をソロプレイ
皆さん、明けましておめでとうございます。昨年はほとんど、このブログは更新されませんでしたが、今年はなんとかせめて週1位は更新したいところで。

さて、予てより作成中だったGJの付録ゲームドイツ装甲師団長2のVASSALモジュールが、ほぼ完成(ヴァリアントの歩兵師団長に関しては、補充表がなかったり、ルールに若干の疑問があるためモジュールへの登録は延期)。

で、モジュールに不具合がないか点検を兼ねて、ソロプレイを実行することにした。実は、12日(日)に友人と、ドイツ装甲師団長2を対面対戦することが決定していたので、ルールの確認も兼ねているわけで。

まずは戦場の確認。
マップの使用範囲はMAP②と③に決定。方位決定で、北の方角は盤端Y。
pdk-map23x_s.jpg

いよいよ、両軍の初期戦力の決定。まずはドイツ軍から
Ⅳ号戦車D型×1
Ⅳ号戦車H型×6
Ⅴ号戦車×3
Ⅵ号戦車Ⅱ型×1
Ⅲ号突撃砲×3
Ⅳ号駆逐戦車×1
ヴェスペ×1
105mm野砲×2
88mm対空砲×2
自動車化歩兵×6
機械化歩兵×6
重火器×3
偵察×6
戦闘団司令部×2
師団司令部
弾薬×3
戦術チット×3
装備チット×6

師団の内容としては、装甲戦力としてはほぼ平均的、砲兵も充実しまずは44年当時の平均的な装甲師団じゃないかと思う。弾薬が3あるんで、ヴェスペと野砲がそれぞれ2回砲撃できるのも大きい。

続いて、ソ連軍戦車軍団。
T34/76×8
T34/85×9
JSⅡ×2
SU85×4
SU100×1
SU122×1
SU152×1
76mm対戦車砲×2
122mm野砲×2
カチューシャ×1
82mm迫撃砲×2
120mm迫撃砲×2
自動車化歩兵×19
旅団司令部×2
軍団司令部
弾薬×6
戦術チット×2
装備チット×7

……どうやら、こっちに来たのは親衛戦車軍団のようで。122mm+カチューシャ計3ユニットに弾薬6ってどうよ?

次に任務。ドイツ軍は占領に阻止、ソ連軍は威力偵察に消耗。
ドイツ軍は、阻止に重点を置くべきかな?占領を達成するには、マップのほぼ中央に位置する河川近くの都市(3へクス分)の確保が絶対。ここを確保して都市へクス数はドイツ10:ソ連8になる。
対するソ連は威力偵察を念頭に置きつつ、場合によっては消耗にシフトというのもありかも。ただし、ドイツ軍が阻止を選択した場合は、消耗を阻止されると5VPが付くんで注意が必要。

戦術チットは、ドイツ軍が待ち伏せ、撃墜王、航空支援、ソ連軍はエリート部隊に奇襲。ここはドイツ軍が有利でしょう。ソ連軍が奇襲を使っても、撃墜王でイベントを無効化できるというのが大きい。

今回のプレイで激戦が予想されるのは。マップ中央の河川近くの都市周辺になりそう。このソロプレイで、砲兵の運用なんかもちと勉強してみたい。
またまた、一年ぶりの始動
前回より、もうすぐ一年になろうとしてますね。なんとか年を越す前にやる気を回復できたんで、良しとしましょう。

そのやる気を取り戻すきっかけになったのが、ゲームジャーナル43号の付録ゲーム”ドイツ装甲師団長2”。元の、アドテクノスのドイツ装甲師団長を知っているだけに、どんなふうに改良が加えられたかいささか不安だったが、いい意味で裏切られたといったところだ。

ルールも簡単、それでいて各兵器のキャラクター性が強調され、戦場もマップの組み合わせや方位なんかで変化に富み、プレイを飽きさせない作りになっている。ドイツ軍でのプレイが主流となるが、ソ連軍でのプレイが面白くないかといえばこれもまた面白い。某ロボットアニメの将軍曰く「戦いは数だよ!」を地で行くソ連軍で劣勢のドイツ軍を押していく。力押しながらも、地形や相手の配置など、考えて攻め込まないと勝利に結びつかないところがいいと思う。

とりあえず、GJのHPからVASSALのモジュールをDLしたが、満足できるものではなかったんで久しぶりに自作しようかと思っている。幸い、来月発売のGJ49号にはこのゲームのヴァリアントの”ドイツ歩兵師団長”が付くみたいなんでそれも取り込んでいこうかと思っている。
一年ぶりの対面大戦
いや~、実にまた一年ぶりです。昨年はかみさんの都合に引っ張りまわされ、日曜もろくに自分の時間も取れず、気がつけば昨年1月から丸々一年ゲームから遠ざかっていると言う始末。しかも、この間中、対面対戦はおろか、VASSALなどのオンライン対戦すらしていない。コマンドマガジンも買っていないと言うまさに脱ゲーム状態。
このまま、ゲームから離れるかな~、と思っていたら一年ぶりに友人からの対戦のお誘い。昨年1月から連絡を入れてなかったんで、連絡しづらい状況でしたが、かみさんから許可を得て本日、漸く対戦。

対戦ゲームは、(GMT)Commands&Colors Ancients。他にも色々と対戦したいゲームがあったのだが、まずルールを大半忘れていると言う事もあり、過去に何度か対戦し、ルールもおぼろげながら覚えているゲームと言う事でこれに決定。まあ、ルールを覚えていると言う点では、まだASLの方が覚えているのだが、復帰戦にはいささかヘビーである。

対戦したシナリオはカンネー。最初は私がカルタゴ軍、Q氏がローマ軍を担当。久しぶりの対戦と言う事もあり、最初は流れをつかめず、ローマ軍の中装・重装歩兵軍との消耗戦に巻き込まれあえなく敗退。この時はまだ、ルールを完全に思い出しておらず、軽装歩兵の戦闘前の離脱などを忘れていたため、重装歩兵とタメでやりあった(ダイス5個+指揮官相手に無謀な・・・)ため、あっという間にボロボロ。

続く2戦目。納得いかない戦いだったので再びカルタゴ軍担当。軽装歩兵の射撃でローマ軍中央の重歩兵集団を牽制しつつ、左翼の騎兵部隊と重装歩兵軍を徐々に前線に。そして、Double Time(早足)で一気に重装歩兵と戦士が戦線側面に回りこみ敵右翼を叩き潰す!更に浮き足立ったところで騎兵突撃で左右両翼に騎兵を叩き付けて何とか勝利。

時間があったので陣営を入れ替えて第3戦目。こちらは、中央の重装・中装歩兵が打撃の要なんで、これらを前線に押し上げつつ、左右両翼に騎兵を回りこませないように軽装歩兵を両翼に展開。鶴翼の陣形の如く両翼を押し上げ、射撃を加える。途中、カルタゴ軍の騎兵と戦士による突撃で右翼が崩壊寸前まで追い込まれるも、指揮官がいたおかげで外人部隊が何とか戦線を支えると、戦列命令で中央の歩兵軍が遂に戦端を開き、射撃戦で消耗していたカルタゴ軍の重装歩兵を粉砕、勝利を収める。

いやぁ、やっぱりウォーゲームはいいねぇ。特に対面対戦は久しぶりだったんで今回の対戦で又やる気がでてきました。次回は何時になるかは未定だが、日露大戦とかASLの対戦を考えている。できれば、アルンヘム強襲とかサンダーアットカッシーノもやってみたいが、最近、ルールが覚え切れなかったり、理解し切れなかったりしている。年なのかなぁ・・・・
copyright © 2005 アンブッシュのゲーム日記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。